サンライズアセットマネージメント

ホーム > 

 

リフォーム事例 > 

【木造耐震診断】

【木造耐震診断】

今回は、耐震診断の必要性についてわかりやすく説明いたします。

まず、地震はいつ起こるかわかりません。南関東では今後30年以内に起きる大地震の発生確率は70%以上と予測されております。

また近日にも震度4以上の地震が増えており、視覚的に問題はなくとも、

建物の内部はダメージをうけております。

また地震による被害の多くは昭和56年以前の建築基準で建てられた建物です。

建物の倒壊などを未然に防ぐために、まずは耐震診断を受けることを

進めております。

当社では、申込みから、耐震診断の実施、報告まで一括して行います。

また耐震改修工事が必要な場合は、そのまま当社で工事の発注から現場管理、

施工から竣工まで行います。

耐震診断について詳しく聞きたい、、、

診断から実際に補修工事する際の見積りなどがほしい、、

などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 
「耐震診断」 当社では、近年の地震や偽装問題などでご不安に思われているお客様に 対して、耐震診断をさせて頂いております。 耐震診断の結果から、地震や風などに対して弱い壁であったため、 耐震改修を行ないました。
「耐震改修」 耐震改修は、耐震診断結果に基づいて「金物」で補強したり、 耐震性のある壁(耐力壁)を増設するなど様々な方法で行ないます。 壁の内部を補強した後に、耐震性に優れた合板(構造用合板)を 施工しました。
【耐震診断問い合わせシート】 簡易的なシートになりますので 是非ご自宅の状況をチェックしてみてください。
ページ上に戻る